沖縄首里の玉稜(たまうどぅん)

玉陵(たまうどぅん)は首里城跡の近く、守礼門から外に出て少し歩いたところにあり、緑の中にたたずむ琉球王家歴代の墓所です。

1501年に琉球の尚真王(在位 1477~1526年)がその父、尚円王の遺骨を見上森陵というところから改葬するために築かれ、それから第二尚氏王統歴代の陵墓となりました。最後に玉稜に葬られたのは尚泰王で、1901年のことです。その時の様子は写真で見ることができます。

沖縄・首里の玉陵

玉陵の墓室は三つに分かれています。上の写真(合成)だと手間に見えるのは中庭への入り口の門で、その奥左から三つの入り口が確認できます。

真中の部屋(中室・汁乾室)は洗骨前の遺骸を安置する部屋です。沖縄の習慣では、遺骸は一旦骨になるまで待って、それから洗い清められ、埋葬されたそうです。

東室(向かって左側)は、創建当初には王と王妃が葬られました。西室には王の家族の中でも限られたものだけが葬られたそうです。

玉稜全体のつくりは、当時の宮殿を模したもので、石造建築です。

玉稜は沖縄戦で大きな被害を受け、かなり破壊されてしまいましたが、修復されて現在に至っています。

玉陵

玉陵の敷地内には今でも拝所が設けられているほか、ガジュマルなどの亜熱帯の木が多く、静かでほっとする場所です。

「沖縄首里の玉稜(たまうどぅん)」への2件のフィードバック

コメントは受け付けていません。