美ら海水族館 ジンベエザメの大水槽は何度来ても感動

続いてお約束の美ら海水族館。今回のツアーは美ら海水族館の入場券も無料で付いています。女房はそろそろ飽きてきた様子(何しろ4回目)ですが、僕や男の子たちは大好き。

美ら海水族館大水槽

マンタの宙返りとかも見られて相変わらず面白い大水槽ですが、ジンベエザメやマンタの写真はありふれています。

お勧めなのは、大水槽の右側にあるコーヒーショップ。奥の方の席は水槽のすぐわきに設けられており、お茶をしながら大迫力で魚たちを楽しむことができます。

全部の展示を見ないと気が済まない次男は、一人で人ごみに突入し、一時迷子に。長男は結構カメラ小僧をしています。

カメラ小僧

そして子どもたちのお楽しみは、水族館の中だけにあるわけではありません。マナティ?いえ、そうではなく、水族館の上手にある遊具です。

美ら海の遊具

男の子たちは子ザルに戻って飛んだり跳ねたり転がったり。これで今夜も疲れてぐっすり寝てくれます。

オキちゃん劇場 沖縄海洋博記念公園

オキちゃん劇場は、沖縄海洋博記念公園にあるイルカショー。まあ、イルカショーだけなら、今時あちらこちらの水族館で見られますし、場所によってはシャチのショーもありますから、正直迫力はそちらの方が上。

では何がオキちゃん劇場の売りかと言うと、まず入場がなんと無料。さすが国立の公園だけあって太っ腹。沖縄まで来るような人なら、たとえ「千円です」と言われても払ってみると思うのですが、ただ。

そしてもう一つの売りは、オキゴンドウイルカという、まるでクジラみたいな顔(口がとんがっていない)をしたイルカがショーをするところ。オキゴンドウのショーは他では見たことがありません。

オキちゃん劇場でもショーの主役はミナミバンドウイルカ(下の写真)なんですが、オキゴンドウが顔を出すと、思わず「おおっ!」と思ってしまいます。

オキちゃん劇場

オキちゃん劇場のショーはビデオで撮影していたので、カメラにはオキゴンドウは写っていませんでした。動画の方がうまく処理できるようなら、後日このページに掲載したいと思います。

マナティー見るなら沖縄海洋博記念公園のマナティー館

沖縄海洋博記念公園の一角、美ら海水族館の少し海岸よりにマナティー館があります。マナティーは大西洋に住むジュゴンの仲間で、人魚伝説のもとになったと言われる哺乳類です。なぜ日本周辺に住むジュゴンの展示がないのか不思議ですが、他の水族館でもマナティーがいるところはあっても、ジュゴンがいるところは珍しいように思います。三重県の鳥羽水族館くらいでしょうか。

それはともかく、ここ、マナティー館は日本で始めてマナティーの繁殖に成功したことで有名になったそうです。館内でも、マナティーの出産シーンの映像を見ることができます。それ以外に何を見られるのか、と言われたら、マナティーが餌を食べるところくらいですが…まあ、入館料は無料ですので…

マナティー
とぼけた顔のマナティー君

美ら海水族館と海洋博公園

沖縄旅行で子ども達が(実は私も)一番楽しみにしていたのが、沖縄本島の北端近く、本部町にある中ら海水族館。本物のジンベエザメが見られるとみんなわくわく。

中ら海水族館=ジンベエザメというイメージしかなかったので、今回旅行の日程を決めるためにガイドブックを見てちょっとびっくり。中ら海水族館がある海洋博公園(正式名称は国営沖縄記念公園海洋博公園)も広くて、中にはビーチもあれば、無料でイルカショーが楽しめるイルカスタジオもあるではないですか。

実際に訪れた感想は、楽しめる!中ら海水族館を見てからビーチで子どもたちを遊ばせましたが、サンゴのかけらを拾ったり大喜び。

でも、広すぎて駐車場から目的地までの行き来に一苦労。知っていれば車を停める駐車場も考えたし、第一宿泊が中ら海水族館に一番近いチサンリゾート沖縄中ら海(旧・沖縄ロイヤルビューホテル)でしたから、ホテルに車を停めておく、という手もあったのでした。

最後に遊んでいたビーチから、車を停めた駐車場までまっすぐ歩いても20分かかってしまいました。3月に行きましたからまだよかったですが、真夏に行ったら、公園内の移動だけでもかなり消耗しそうです。

公園内は有料ですが電気自動車のバスが移動手段として提供はされています。でも、自分たちが思っている通りの順序で走ってくれるわけではありませんから。

海洋博公園の見所・遊び場

中ら海水族館

なんと言っても海洋博公園のメインイベント!ジンベエザメやマンタの泳ぐ大水槽前では時がたつのを忘れます。

オキちゃん劇場

オキゴンドウイルカの芸が見られる珍しいイルカショー。
入場無料です。

マナティー館

日本で初めてマナティーの繁殖に成功したことで有名。
こちらも入場無料。

エメラルドビーチ

暖かければ海水浴も楽しめる、美しいビーチ。
沖を鯨が通ることもあるとか。

チサンリゾート沖縄中ら海

チサンリゾート沖縄中ら海は中ら海水族館へ歩いて行けるリゾートホテル。今回宿泊に利用しました。

今帰仁城跡にも近いです。

沖縄海洋博記念公園のエメラルド・ビーチ

沖縄海洋博記念公園の北端に位置するのがエメラルド・ビーチ。美ら海水族館から歩くと結構な距離があります。下の写真は歩いてエメラルド・ビーチに向かう途中に撮影したもの。

エメラルド・ビーチ

エメラルド・ビーチ エメラルド・ビーチは、人口のビーチですが、白い砂浜はとてもきれい。コーラルサンドがしかれていて、一度に3千人が泳げるとか。

我が家が訪れたのは3月だったので泳いでいる人はほとんどいませんでしたが、水に入って遊ぶだけでも子ども達は大喜び。

水着を持っていなかったので、子ども達はズボンや上着を脱ぎ捨ててジャブジャブ。サンゴのかけらを拾って大はしゃぎ。

太陽があまりにまぶしく、砂があまりに白いので、カメラを自動に設定していると、実感したような印象になかなか写りません。絞りを開けて撮影してみると、結構シュールな光景になってしまいました。

エメラルド・ビーチ

美ら海水族館

行って来ました沖縄の中ら海水族館ジンベエザメマンタが泳ぐ中ら海水族館の大水槽は、噂にたがわず感動ものでした。ずっとジンベエザメを見たがっていた子ども達も大満足。

中ら海水族館近くのホテル

我が家が利用したのは、その名もチサンリゾート沖縄美ら海というホテル。水族館に歩いていける距離です。口コミ情報も書いておきましたので参照してください。

いよいよ水族館へ

海洋博公園の駐車場から水族館までが意外に距離があって小さな子ども連れはちょっと大変。でも、水族館はその疲れなど忘れさせてくれるすごいものでした。大水槽の前では家族で30分以上は粘ったでしょうか。何も言わずに下の写真を見てください。

美ら海水族館大水槽を泳ぐジンベエザメ

この大迫力。美ら海水族館の大水槽の中にジンベエザメは3匹いるのですが、一度にはなかなかカメラに収まりません。それくらい水槽がでかいということ。下の写真が粘った撮影した結果。先頭のジンベエザメの頭は切れてしまいました。残念。

美ら海水族館大水槽を泳ぐジンベエザメ3匹

大迫力なのはジンベエザメだけではありません。マンタもいますよ。オニイトマキエイのことです。次男はマンタが大好き。なぜかエイが好きなんですけど、マンタは格別です。大きな写真で紹介します。

マンタ オニイトマキエイ

美ら海水族館の大水槽の一部には、下に入れるところも設けられていて、これがまた大迫力。何せ頭上をジンベエザメやマンタが通過するのですから。

大水槽が大人気の美ら海水族館ですが、魅力はこれだけではありません。下の写真は生き物を手で触れるコーナー。あちらこちらの水族館で最近はよく似たコーナーを見かけますが、さすが沖縄。本土の水族館とは砂の色とか、中の生物が違いますね。

そして沖縄らしく珊瑚礁の海を再現したコーナー。サンゴの一斉産卵が見られて評判になった水槽ですね。

他にも美ら海水族館には見所がいっぱい。また、各コーナーに置いてある資料を順番に集めると、一冊の資料になるような仕掛けもあって、とても工夫されています。また行きたいですねえ。