那覇牧志公設市場(まきしこうせついちば) 沖縄一の市場

牧志公設市場(まきしこうせついちば)は那覇のメインストリート、国際通りから少し南に入ったあたりにあります。

むつみ橋通り

むつみ橋通りは国際通りとむつみ橋交差点で交差する通りです。アーケードがありますからすぐにわかりました。国際通りからこのむつみ橋通りを通って公設市場へ行くことができます。

那覇むつみ橋通り

むつみ橋通り自体もとても賑やかな通りで、周辺には土産物屋さんや、琉球ガラスのお店、沖縄のアロハとでも言える、かりゆしウェアを売るお店などが立ち並んでいて、ここだけ歩いていても楽しいものです。

牧志公設市場

牧志公設市場はむつみ橋通りからさらに少しそれ、西側に(国際通りから来ると右側)に位置しています。市場と言うので、魚市場や青果市場のようなものを想像していたらそうではなく、小さな小売商店がぎっしり詰め込まれた、ショッピングモール?!のようなところでした。

目に飛び込んでくるのはカラフルな野菜、果物、そしてそれらの加工品。乾物屋海産物。とても賑やかで、やはり東南アジアのマーケットに迷い込んだような雰囲気です。

那覇牧志公設市場

市場で売られていて子どもが喜んだもののひとつがこれ。ヤシガニです。ペットじゃないですよ。 もちろん食用です。食べてみたいけど…値段が高いのと、ちょっとかわいそうな気がしますね。

牧志公設市場ヤシガニ

牧志公設市場の定番がこれ。ブタの顔です。もちろんテビチをはじめ、ブタのありとあらゆる部位が売られています。さらに、ブタの加工品、ソーキやラフテーも売られています。我が家はパック入りのソーキを購入しました。ブタの顔にはさすがに手出しができません。

牧志公設市場

そしてもう一つの名物が熱帯魚?青いアオブダイをはじめとする、沖縄近海の魚介類が並べられています。シャコガイ(ヒメシャコガイかな?)もありますね。味は北の海の魚に比べれば落ちるそうですが、新鮮な魚介類は、市場二階の食堂へ持ち込めばその場で調理してもらえます。

牧志公設市場

この他に我が家が購入したのは、ウミブドウ、沖縄そば、肉味噌など。保冷材も入れてもらえますから、那覇をたつ前にはぜひどうぞ。

中村家住宅 琉球の民家

沖縄の伝統的な農家というのは、沖縄本島ではもうなかなか見られなくなっているようです。琉球村などの観光施設に行けば、移築・復元された民家は見学できますが、中村家住宅は、元の場所にあった民家がそのまま保存されているもので、国の重要文化財にも指定されています。

現存する中村家住宅が建てられたのは18世紀中ごろと伝えられています。近くにある中城同様に沖縄の石灰岩で作られた石垣で囲われています。下の写真が外から入り口を見たところ。日本家屋のような、塀に沿った門構えはありません。

中村家住宅

これが母屋(うふや)。屋根の上のシーサーはさすがに沖縄ですが、間取りなどは、どこか、日本家屋と共通する雰囲気があります。なんでも鎌倉・室町時代の日本建築の影響があるとか。

中村家住宅

下の写真がシーサーとアップ。曇り空だったので、背景が明るすぎてきれいに写りませんでした。

中村家住宅

これは母屋の入り口と、居間の部分。畳がありますね。

中村家住宅

花が生けられていました。花瓶が載せられている引き出しの付いた台は、ちょっと、韓国の李朝家具風ですね。実際のところは知りませんが。

中村家住宅

これは母屋から裏庭を眺めたところ。裏庭はすぐに斜面になって、屋敷を取り囲んでいます。

中村家住宅

これが本土の家屋との決定的な違い。豚舎(フール)です。それぞれの囲いの中に、一頭ずつ飼われていたようです。ブタの他に、ヤギ、馬、牛も飼われていました。

中村家住宅

下の面白い形をした建物は、高倉と呼ばれる穀物倉庫。屋根の逆傾斜部分はネズミ返しのためだそうです。一回部分は倉庫や作業スペースのようです。

中村家住宅

中村家の前にはお土産品の店が設けられています。ここではお茶をいただくこともできます。サーターアンダギーを買いましたがおいしくて、お土産用のつもりだったのを、移動の車の中で家族で全部食べてしまいました。